自毛植毛クリニック4社の料金比較

自毛植毛クリニック4社の料金比較一覧表

医院名 アイランドタワークリニック 紀尾井町クリニック FUE植毛センター ルネッサンスクリニック
PR アイランドタワー 紀尾井町クリニック FUE植毛センター ルネッサンス
料金 手術費21万6千円+1株×864円 手術費20万円+1株×1200円 手術費10万円+1株×1200円 500株で49万8千円
店舗数 4院 2院 1院 4院
信頼+お得度 5review_5 5review_5 4review_4 4review_4
詳細

人工増毛よりも優れている自毛植毛3つのメリット

JU176_72A植毛とは、頭皮の毛穴に人毛や人工毛を植えつけることですが、特に自分の毛を植えつける自毛植毛が近年、話題になっています。

自毛植毛では、施術を受ける人の後頭部から毛包を採取し、それを髪の毛が薄くなっている頭頂部や生え際に移植します。

後頭部から毛包を採取するのは、後頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けにくく、薄くならないからです。

こうした自毛植毛には、3つのメリットがあります。

 

拒絶反応がない

 

まず、自分の皮膚を移植するので、人工毛植毛では起こることのある拒絶反応がありません。

定着率も非常に高いです。

 

自然な仕上がり

 

次に、仕上がりが自然になります。

増毛サロンや人工毛植毛では人工の毛を括りつけたり植えたりすることで毛髪を増やし、自毛植毛では自分の毛根を植えて毛髪が生えてくるのを待ちます。

そのため、自毛植毛は、髪の毛の質感や増え方が自然になります。

 

メンテナンスが不要

 

最後に、ほぼメンテナンスがいりません。

人工の毛を使うと当然ですが、抜けるともう生えてこないので、メンテナンスが必要になります。

自毛植毛では、移植した毛の多くがそのまま生え続け、抜けても再び生えてきます。

 

以上のようにメリットがあるわけですが、後頭部の髪の毛が薄くなってしまうのではないかと、心配する方もいらっしゃるかもしれません。

実際、毛を作る組織ごと移植するので、後頭部の採取した部分からは生えてこなくなります。

 

しかし、後頭部は毛髪の密度が高い部分なので、多少移植してもほとんど見た目は変わりません。

どれくらいを移植するかは、担当の方と相談することになるでしょう。

 

最近になって、自毛植毛はさらなる進化を遂げています。

自毛植毛の最大手、「アイランドタワークリニック」では、メスを使わず施術できるようになっているのです。

 

この技術によって、術後の回復が早くなったり傷跡が目立ちにくくなったり、生着率も高くなったりしているといいます。

薄毛に悩む方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

引き続き、【女のハゲ問題】私も深刻な薄毛で悩んでいます。。。をお読みください。

薄毛が深刻になってきたらカツラや育毛剤よりも自毛植毛がおすすめな理由

薄毛が進行してきたら、対策としては育毛剤を使用したり、かつらを使用する方法があります。

 

ただ、育毛剤の場合は必ず発毛するとも限りませんし、たとえ発毛したとしてもかなり時間がかかります。

かつらの場合は自分の髪の毛ではないので生えてくることはありませんし、蒸れてしまって残っている髪に悪影響を与えてしまう事もあります。

 

そういった悩みをすべて解決するのであれば、自毛植毛がおすすめです。

自毛植毛のいいところは、人工的な髪の毛を植毛するのと違って自分の健康な髪の毛を薄毛の部分に移植するだけで自分の髪の毛が生えてくることです。

 

さらに、手術してしまえばすぐに髪の毛が増えるので育毛をする労力も必要ありません。

そのほかでは、仕上がりが自然だというのも良いところです。

 

自分の髪の毛が増えているだけなので、他人にはまったくと言っていいほどバレません。

今は自毛植毛の技術が非常に高くなっているので移植して自毛が定着する確率は90%以上と言われています。

 

気になる拒絶反応についても、自分の髪と少しの皮膚を移植されるだけなのでまったくありません。

非常に安心して自毛植毛は行えるるのです。

 

ちなみに自毛植毛の料金ですが、最初は確かに非常に高かったです。

でも、最近では自毛植毛する人は非常に多くなってきているので値段が下がってきています。

 

ほかの脱毛方法でだらだらとお金を使うよりは、自毛植毛してしまった方が余計なお金を使わずに済みます。

以上の理由から薄毛が進行したら自毛植毛がおすすめです。

自毛植毛で最も信頼できるクリニックはこの2院

現在日本で最も実績と信頼がある自毛植毛クリニック

 

薄毛に悩んでいる男性の皆さんの中には植毛でこの悩みを解決したいと思っている方もいるのではないでしょうか?
しかし、植毛っていうと人工で作られた毛を一本ずつ植えていくもの(人工植毛)で皮膚に影響がありそう、不自然なものになりそうなんて考えている人も多いと思います。

そんな中、今は自毛植毛という方法が少しずつ利用されはじめています。自毛植毛は自分の毛(後頭部・側頭部)を気になる部分に医師が外科手術で移植するものです。

 

自毛植毛の最大のメリットはあくまでも自分の毛を植毛に利用するので、ほぼ確実に定着することが出来、他の植毛方法と比べて確実にフサフサの髪を取り戻すことができることです。

また、男性型脱毛症は一度進行が進むと食い止めることが難しいのですが自毛植毛は現在ある植毛法で唯一一度失った髪の毛を取り戻すことが出来る植毛法です。

拒絶反応がなくて、仕上がりが自然である上にメンテナンスの必要がないことも魅力的な点です。

 

しかし、自毛植毛の研究が最も盛んなのは欧米であり、日本ではまだまだ発展途上の植毛方法ともいえ、経験豊富な医師やスタッフが少ないことも確かです。

なので、本当に手術を受けたいと思った際は慎重に病院を選ぶ必要があります。

ilandtower-cl_com

アイランドタワークリニック」(東京・大阪・名古屋・福岡)は国内最大級の治療数で経験値の高さに定評があります。

nhtjapan_com

紀尾井町クリニック」(東京・大阪)は世界的な学会の受賞も多くしているところで国内では最も最先端ともいえます。

この2つのクリニックが現在日本で最も実績と信頼があるクリニックといえるでしょう。

 

他にも、様々な部分を売りにしているクリニックが存在するので比較してみましょう。

貴方にあったクリニック選びをして是非あの頃の髪を取り戻してください!

自毛植毛に副作用はあるの?自毛植毛の仕組みとは!

昨今では、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるもので悩んでいる方が多く見受けられます。

薄毛というのは、本人にとってはとても深刻な悩みなのですが、薄毛でない人や女性にはなかなか理解されない部分も多いかもしれません。

悩んでいるとストレスになってしまい、他の病気を引き起こしたりしかねませんので、是非とも急いで自毛植毛に踏み切ってみて欲しいと思います。

 

自毛植毛とは後頭部にある髪の毛を移植させる事です。

チューブパンチで移植ホールを作り、インプランターで髪の毛を移植していくのですが、メスを使わないので、痛みはありません。

移植した髪の毛は自分のものですので、拒絶反応は出にくいと思います。

 

腕の良いと評判のクリニックでしてもらえば安心して施術を受けられるのではないでしょうか。

仕上がりも自然で綺麗にしてくれると思いますよ。

探し方としては体験談や口コミを元に探してみると良いでしょう。

 

施術後も翌日にはお風呂に入る事ができますし、普通に過ごす事ができるでしょう。

ですが、激しい運動や喫煙はしばらく避ける様にした方が良いと思います。

 

薄毛の悩みが解消されれば、積極的に色々な事にチャレンジできるかもしれません。

移植した髪の毛は、自分の髪の毛として再生して、ずっと生え続けるというのは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

 

痛みも副作用もありませんし、効果はばっちりと言えますので、一度是非試してみてはいかがでしょうか。

人工植毛よりも自毛植毛が優れている理由

植毛には自毛植毛と人工植毛があるのですが、そもそも、現在において人工植毛はやるべきではない薄毛治療法とされてます。

人工植毛はポリエステルなど人工的な物質を使って、毛に似たものを頭皮に植えるわけです。

それは拒絶反応の危険性もふくんでいますし、伸びないので不自然になりますから細かな調整も必要です。

炎症などの危険性から、すでにアメリカでは人工植毛は一部の州の法律で禁止されているのです。

 

もはや治療法という位置づけですらなくなっているのです。

日本では禁止されてはいませんが、日本皮膚科学会のガイドラインにおいて、「人工植毛はやるべきではない治療だ」とされています。

 

そして、そのデメリットは、自毛植毛において、かなり緩和されています。

自分の髪の毛なので拒否反応はありません。

そして、自毛植毛は植毛後にいったん抜けて、新しく生えてきます。

植毛が成功すれば、髪が伸び続けるのです。

それは、白髪になったとしても、自毛植毛部分だけが黒く浮き上がったりすることがないのです。

 

もちろんデメリットもあります。

自分の髪を使うので、一度に植毛できる数には限度があります。

 

また、ちゃんと定着しているのか判断するまでに時間がかかります。

費用も、一本当たり500円から1000円と言われています。

 

広範囲に植毛をしようと思うとかなりの高額になってきます。

手術をする、ということで傷跡についても多少は覚悟が必要です。

 

そういったことをふまえておけば、結論を出した時にも後悔が少ないでしょう。

自家植毛のデメリットとは

薄毛対策にはたくさんの種類がありますが、自家植毛も薄毛対策の一つであります。

 

自家植毛は簡単に言えば移植ですが、移植することによって薄い部分に定着すれば自分の髪と言うことになりますので、自分自身の髪の毛を取り戻すことができるということとなります。

定着がしっかりすればその髪は伸び続けますし、特別なメンテナンスも必要ありません。

もともと自分の一部を移植するのですから人工植毛のように拒絶反応が出ることもありませんし、仕上がりも自然に近い形にすることができます。定着率も技術の進歩などによりかなり高くなってきています。

 

自家植毛のデメリットとしては、自分の毛を移植するということから移植できる量には限りがあります。

それに一度に移植を出来る量にも限りがありますので、薄毛の具合などとそのあとの増え具合などによって計画的に数度の植毛をする必要があることもあります。

その上移植でありますからある程度の傷跡などが残る可能性もあります。

 

もちろん自分の髪を移植するとその移植した髪の毛がいったん抜けてしまうということになり、そのあとで髪の毛がはえてくるというサイクルになります。

その為に自分の髪の毛をして生えてくるのが実感できるまでには半年以上の時間が必要となってきます。

それに費用も他の方法と比べても決して安いものではありませんが、これは一概にはデメリットとは言えないでしょう。

増毛や育毛よりも効果が高い!自毛植毛は本気の薄毛対策

薄毛で悩む男性にとって増毛とは死活問題です。

そんな男性から今興味の対象として注目されているのが、自分の毛を頭皮に植える自毛植毛というものです。では、自毛植毛にはいったいどんなメリットがあるのでしょうか?

 

まず、自毛植毛の良いところは、自分の髪の毛を使った植毛なので、とても効果が期待できるというところにあります。

自毛植毛で使う自毛とは、髪の毛の中で強く生き残っている側頭部もしくは後頭部です。

その自毛を植毛することにより、頭皮環境の影響をあまり受けず独自の力で髪の毛を生やしていきますから、育毛剤や育毛シャンプーを使って育毛をするよりも大きな効果を期待することができます。

 

また、もともと自分に生えていた毛を植毛に利用するわけですから、見た感じに違和感があまりないのも特徴的です。

言ってしまえば髪の毛をただ単に移動しただけですから、見た人に変な印象を与えず、自然な印象を与えるため、植毛したことを気付かせ辛いというメリットがあります。

 

また、薄毛治療の診療ガイドラインで、自毛植毛は「勧められる」という分野になっていますから、心から安心して自毛植毛をすることができるというのも良い点です。

 

このように自毛植毛は一般の増毛や育毛に比べてかなり効果が高いということが最大のメリットです。

その分費用は決して安くはないのですが、本気で髪の毛を取り戻したいのならば1度考えてみる価値は十分あります。

自毛植毛の注意点!取った毛根からは生えてこない?

植毛といえば頭皮に人工の毛を生えつけるイメージがあったのですが、自毛植毛は薄毛になり難い部分の毛を毛根単位で移植するという方法で、遺伝や何かしらの理由により薄毛になった人からすれば自分の毛を移植するわけですから抵抗感少なく試せます。

 

毛根単位で植毛するのが自毛植毛の特徴でもありますが、自毛植毛により植えつけられた毛が定着すればそのまま伸びて切ってもまた伸びてきますし、もともと自分の毛だったわけですから定着率も高く薄毛に高いお金をかける必要も無くなります。

 

メスを使わないので術後の回復も早いですし、何より半年くらいで効果が表れてどんどん生えてくるので期待も出来ますし、蒸れの心配も無く手入れに相当な時間をかける必要もありません。

 

自毛植毛は入院も必要としないので施術した日に帰宅できますが、注意点として毛根ごと取ったらその部分は髪の毛が生えないです。

 

毛がたくさんあったりほかの髪の毛で隠れる部分の毛を植毛するわけですが、もともと全体的に毛が薄い人が自毛植毛をするとその植毛でとった部分が目立つことがありますので、全体的に薄毛の人には向いていないと思います。

 

自毛植毛は若い人から年配者まで多くの人が利用していて女性も利用しているので、年々利用者は増加傾向にあります。

 

ネットでどういうものか調べた後、担当の人に詳しい料金や本当に蒸れないのかなど疑問に思うことは一通り聞いておいて、後になって施術して後悔したということのないようにしましょう。

薄毛対策として自毛植毛を行う2つの方法

薄毛の進行具合は人それぞれですが、できるだけ早めに対策をした方が結果として元の髪型を取り戻せる可能性が高まります。

ウィッグやかつらを装着するという方法もありますが、髪質が異なったりメンテンナンスに費用がかかったりと何かと苦労をします。

そこで自毛植毛という方法を選択すれば、薄毛の悩みから解放されるかもしれません。

 

自毛植毛の魅力は何と言っても自らの毛を移植するわけですから、拒絶反応などが起こりにくくイメージしていた通りの髪型にしやすいのです。

植毛していますから普段の生活に影響はなく、今までと同じようにシャンプーをしたりドライヤーをかけたりできます。

自毛植毛には2つの方法があり一つは「マイクログラフト法」、そしてもう一つが「FUT」です。

マイクログラフト法は一本ずつ植毛針で移植していくのですが、毛髪の向きも調整できるため生え際に使うことができ仕上がりが自然です。

よく心配されるのは将来白髪になった時に、そこだけ色が変わらないのではというものですが、自らの頭髪ですから同じように白髪化するため心配はありません。

次にFUTは毛包単位ごとに数本をセットにして移植していく方法であり、その後の定着率や発毛する可能性が高まります。

 

・マイクログラフト法(1本ずつ移植)

・FUT(数本セットで移植)

 

多くの人の場合、後頭部やサイド部分の髪を前頭部に移植するのですが、大量に移植するのでなければ治癒するまで手術跡が残ったとしても頭頂部あたりから生えている髪が後頭部を隠してくれますので、それほど目立つことなく手術を受けられるのも魅力です。

 

自毛植毛を行うのであれば実績数が多く全国で4店舗を構える「アイランドタワークリニック」が安心です。

シェアナンバーワンであることと、アフターケアが万全であることが特長です。