薄毛対策として自毛植毛を行う2つの方法

薄毛の進行具合は人それぞれですが、できるだけ早めに対策をした方が結果として元の髪型を取り戻せる可能性が高まります。

ウィッグやかつらを装着するという方法もありますが、髪質が異なったりメンテンナンスに費用がかかったりと何かと苦労をします。

そこで自毛植毛という方法を選択すれば、薄毛の悩みから解放されるかもしれません。

 

自毛植毛の魅力は何と言っても自らの毛を移植するわけですから、拒絶反応などが起こりにくくイメージしていた通りの髪型にしやすいのです。

植毛していますから普段の生活に影響はなく、今までと同じようにシャンプーをしたりドライヤーをかけたりできます。

自毛植毛には2つの方法があり一つは「マイクログラフト法」、そしてもう一つが「FUT」です。

マイクログラフト法は一本ずつ植毛針で移植していくのですが、毛髪の向きも調整できるため生え際に使うことができ仕上がりが自然です。

よく心配されるのは将来白髪になった時に、そこだけ色が変わらないのではというものですが、自らの頭髪ですから同じように白髪化するため心配はありません。

次にFUTは毛包単位ごとに数本をセットにして移植していく方法であり、その後の定着率や発毛する可能性が高まります。

 

・マイクログラフト法(1本ずつ移植)

・FUT(数本セットで移植)

 

多くの人の場合、後頭部やサイド部分の髪を前頭部に移植するのですが、大量に移植するのでなければ治癒するまで手術跡が残ったとしても頭頂部あたりから生えている髪が後頭部を隠してくれますので、それほど目立つことなく手術を受けられるのも魅力です。

 

自毛植毛を行うのであれば実績数が多く全国で4店舗を構える「アイランドタワークリニック」が安心です。

シェアナンバーワンであることと、アフターケアが万全であることが特長です。