人工増毛よりも優れている自毛植毛3つのメリット

JU176_72A植毛とは、頭皮の毛穴に人毛や人工毛を植えつけることですが、特に自分の毛を植えつける自毛植毛が近年、話題になっています。

自毛植毛では、施術を受ける人の後頭部から毛包を採取し、それを髪の毛が薄くなっている頭頂部や生え際に移植します。

後頭部から毛包を採取するのは、後頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けにくく、薄くならないからです。

こうした自毛植毛には、3つのメリットがあります。

 

拒絶反応がない

 

まず、自分の皮膚を移植するので、人工毛植毛では起こることのある拒絶反応がありません。

定着率も非常に高いです。

 

自然な仕上がり

 

次に、仕上がりが自然になります。

増毛や人工毛植毛では人工の毛を括りつけたり植えたりすることで毛髪を増やし、自毛植毛では自分の毛根を植えて毛髪が生えてくるのを待ちます。

そのため、自毛植毛は、髪の毛の質感や増え方が自然になります。

 

メンテナンスが不要

 

最後に、ほぼメンテナンスがいりません。

人工の毛を使うと当然ですが、抜けるともう生えてこないので、メンテナンスが必要になります。

自毛植毛では、移植した毛の多くがそのまま生え続け、抜けても再び生えてきます。

 

以上のようにメリットがあるわけですが、後頭部の髪の毛が薄くなってしまうのではないかと、心配する方もいらっしゃるかもしれません。

実際、毛を作る組織ごと移植するので、後頭部の採取した部分からは生えてこなくなります。

 

しかし、後頭部は毛髪の密度が高い部分なので、多少移植してもほとんど見た目は変わりません。

どれくらいを移植するかは、担当の方と相談することになるでしょう。

 

最近になって、自毛植毛はさらなる進化を遂げています。

自毛植毛の最大手、「アイランドタワークリニック」では、メスを使わず施術できるようになっているのです。

 

この技術によって、術後の回復が早くなったり傷跡が目立ちにくくなったり、生着率も高くなったりしているといいます。

薄毛に悩む方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

現在日本で最も実績と信頼がある自毛植毛クリニック

 

自毛植毛の最大のメリットはあくまでも自分の毛を植毛に利用するので、ほぼ確実に定着することが出来、他の植毛方法と比べて確実にフサフサの髪を取り戻すことができることです。

また、男性型脱毛症は一度進行が進むと食い止めることが難しいのですが自毛植毛は現在ある植毛法で唯一一度失った髪の毛を取り戻すことが出来る植毛法です。

拒絶反応がなくて、仕上がりが自然である上にメンテナンスの必要がないことも魅力的な点です。

 

しかし、自毛植毛の研究が最も盛んなのは欧米であり、日本ではまだまだ発展途上の植毛方法ともいえ、経験豊富な医師やスタッフが少ないことも確かです。

なので、本当に手術を受けたいと思った際は慎重に病院を選ぶ必要があります。

ilandtower-cl_com

アイランドタワークリニック」(東京・大阪・名古屋・福岡)は国内最大級の治療数で経験値の高さに定評があります。 ※( アイランドタワークリニックの詳細

nhtjapan_com

紀尾井町クリニック」(東京・大阪)は世界的な学会の受賞も多くしているところで国内では最も最先端ともいえます。 ※( 紀尾井町クリニックの詳細

この2つのクリニックが現在日本で最も実績と信頼があるクリニックといえるでしょう。

 

自毛植毛クリニック4社の料金比較一覧表

医院名 アイランドタワークリニック 紀尾井町クリニック FUE植毛センター ルネッサンスクリニック
PR アイランドタワークリニックアイランドタワー AGA紀尾井町クリニック FUE植毛センター ルネッサンス
料金 手術費21万6千円+1株×864円 手術費20万円+1株×1200円 手術費10万円+1株×1200円 500株で49万8千円
店舗数 4院 2院 1院 4院
信頼+お得度 5review_5 5review_5 4review_4 4review_4
詳細 r01_shousai_red r01_shousai_red r01_shousai_red  r01_shousai_red